歯周内科

歯周病は感染症です

感染症治療の基本は、原因微生物の特定と有効な抗微生物薬剤の選択と投与です。その後、機械的また必要に応じて外科的治療を行います。歯周内科が目指すプラークコントロールは、抗菌剤や抗真菌剤を使用してプラークの質を変えることに重要性があります。したがって、プラークコントロールが悪くなっても再感染がなければ歯周病は再発しにくいという事になるのです。

顕微鏡で口腔内細菌を見てみましょう。

「お口の中にはたくさんの細菌がいます・・・」

当院では「ぺリオセーバー」という特殊な顕微鏡を使うことによって動く細菌を見て頂くことが出来ます。
方法はとても簡単!!
お口の中からプラークと呼ばれる汚れをすくい取ってぺリオセーバーにのせるだけ。
痛みは全くありません。

歯周内科の治療

 

顕微鏡で真菌(カビ)やらせん状菌(スピロヘータ)が見つかったら歯周病菌に感染している証拠です。抗生剤と抗真菌剤で口腔内環境を変える必要があります。ただし、顕微鏡画像では、歯周病菌の種類までは特定できません。
そこで、リアルタイムPCR法によるDNA検査で実際に歯周ポケット内に歯周病菌が何匹いるかを調べる科学的検査が有効となります。

具体的な治療方法

具体的な治療方法

まず顕微鏡検査を行い、そこで歯周病の原因菌が見つかった場合は、服薬をしていただきます。

歯周病の原因菌とされているものは、ポリフィロモナス・ジンジバリス、トレポネーマ・デンティコーネ、タンネレラ・フォーサイシアの3菌種です。これらの菌のDNA診断を行います。

当院では、動く細菌を観察できる「位相差顕微鏡」で検査をしています。

また、口腔内を清潔に保つよう、スケーリング(歯石除去)を行います。

歯周病治療がひと段落した方が気を付けるべきこと

歯周病は、残念ながら完治が困難な病気です。

そのため歯周病の治療は
「これ以上悪くならない様に」とか、「現状でベストな状態を維持する」ことが主な目的となります。むし歯の治療と違い、終わりがない病気なのです。今、歯周病をとりまく全身疾患はすべて合わせると106項目あると言われています。
身近なところでは、糖尿病、喫煙、心筋梗塞、骨粗鬆症等。口腔内が健康でないと全身疾患にも影響が出てくる可能性があります。

定期的なメンテナンスを継続することが大切です。
メンテナンス期間は、ご自身の口腔内の状況に合わせてアドバイスさせていただきます。

春日井市や尾張旭市からも近い名古屋市守山区の歯医者

お問い合わせ

住所 〒463-0079  
愛知県名古屋市守山区幸心2-1317
診療時間 【月・火・水・金・土】9:30~13:00/14:30~18:30
休診日 木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週は木曜日診察いたします。
※(予約制)随時、急患の方はお受けいたします。